ENTRY
インターネットをするならマンションに

マンション住まいと住人の責任

誰でも若い頃は、賃貸のアパートやマンションに住んでいるため、あまり住宅に対して関心がないのが普通です。ずっとそこに住むわけではないし、例え不都合があっても引越せばよいと思うからです。私自身もそうでした。でも子供の頃父の仕事の関係で官舎に住んでいた時も、両親がいろいろ周囲に気を遣っていたのを覚えています。後に戸建ての自宅に移りましたが、今度は自宅の管理にお金を使っていました。私自身、自分の住んでいるところに本当に関心が向いてきたのは、結婚してマンションを買った後です。というより管理組合の理事を経験してからでした。

複数の世帯が同じマンションに住む場合、一番気になるのは共用部でしょう。オートロックやエレベーター、ゴミ置き場、駐車場や駐輪場また非常階段などは、全員が使う所であり、全員が管理費を出し合って維持管理しています。例えどこか一つの世帯に泥棒が入っても他人事ではありません。私のマンションにも一度泥棒に入られたことがあります。丁度理事長をしてた時なので、管理会社の人と一緒に監視カメラを確認したことがあります。また最近駐車場のブロックが何らかの理由で破損していたので、理事たちの意見を聞いて、修復工事を行いました。住人たちがこうした経験を積むにしたがって、住人同士の連帯感も増したし、私もマンション全体に対する責任感もより重く感じるようになりました。住まいを長持ちさせるのに一番大切なのは、こうした住人の意識だと思います。

Copyright (C)2021インターネットをするならマンションに.All rights reserved.